2021年08月24日

制作技術講習会 開催します!

お待たせいたしました。延期となっておりました「制作技術講習会」ですが
11月7日(日)に開催いたします。
posted by おかちゃん at 01:15| Comment(0) | アマチュア無線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月11日

2021年度 香川マラソンコンテスト

2021年度 香川マラソンコンテスト

香川マラソンコンテスト実施要領
JARL香川県支部では香川県内局の親睦を図る為、次の要領で香川マラソンコンテストを開催します。
JARL会員、会員でない方の区別なく入賞者は表彰します。

〈期間〉
2021年12月1日(00:00)〜12月15日(24:00)

〈参加部門〉
@個人局=シングルバンド・シングルモードの部
電信……1.9MHz〜10GHz帯
電話……1.9MHz〜10GHz帯
A個人局=マルチバンド・マルチモードの部
マルチバンド・電信の部
B個人局=RTTY,ATV,FAX,SSTV、FT8(FT4含む)の各部・マルチバンド
C社団局=マルチバンド・マルチモード
Dニューカマー局=マルチバンド・マルチモードの部(12月1日現在で開局5年未満の局)
ESWL=マルチバンド・マルチモード
Fその他 3.8, 10, 18, 24MHz帯は含まない

〈資 格〉 香川県内にて運用するアマチュア局及びSWL(コールサインを持っている局のSWL部門への参加は認めません)

〈交 信〉
@呼出し……電 話 「CQ香川マラソンコンテスト」  電 信 「CQ KA TEST」
FT8(FT4含む) 「CQ KA」
Aコンテストナンバー…「RS(T)+発信市町ナンバー(または市町名)」
(FT8のRSTはデシベル情報を使わず全ての交信を599として下さい)
高 松 市 =3601 宇多津町 =36001C
丸 亀 市 =3602 綾 川 町 =36001G
坂 出 市 =3603 直 島 町 =36003C
善 通 寺 市=3604 三 木 町 =36004B
観 音 寺 市=3605 土 庄 町 =36005C
さ ぬ き 市=3606 小豆島町 =36005D
東かがわ市 =3607 琴 平 町 =36006A
三 豊 市 =3608 多度津町 =36006B
            まんのう町 =36006F
B香川県内で運用する局間のQSOのみ有効

〈注意事項〉
@同一局との交信は同一バンド内では1交信のみ
Aクロスバンドの交信は認めない
B2波以上の電波の同時発射はすべて禁止する
C総務省告示のバンド使用区別を守りレピータ及びメインでのナンバー交換は絶対にしないこと
D電波法を守ること

〈得点、マルチプライヤー〉
@得点 完全な1交信を1得点とする
Aマルチプライヤー
各バンドで交信した異なる市町の数
B日数マルチプライヤー
交信日数(ログ提出部門の日数で最高は15日)
C総得点…(各バンドで得た得点の和)×(各バンドで得たマルチの和+日数マルチ)=総得点

〈ログの記入方法〉
@ログ及びサマリーシートはJARL制定(A4)のもの、または同様式のものを使用し、バンド別に整理し交信順に記入する
Aサマリーシートはログの上部に付けホッチキスで止める(複数の局を同封する場合は1局ごとに綴る)

〈失 格〉
@電波法またはこれに基づく命令及びコンテスト規約に違反したとき
A提出書類の不備
B虚偽の報告をしたもの

〈締切日・提出先〉
・2022年1月4日(火曜必着)
769-1101 三豊市詫間町詫間4673-1 加藤 秀和様方 香川マラソンコンテスト係

・電子ログ(E-mail)による提出の場合、所定の様式(JARL Webを参照)で作成したデーターをテキストメール(添付はダメ)として、件名欄にコールサインを記入して提出先アドレスkagawaアットjarl.comに送信してください。到達確認の返信メールを送ります。
データーはCTESTWIN,HLTST7,HLTST8,ZLOG,TurboHamlogCSVを希望します。

〈発 表〉
・2022年2月発行のJARL香川県支部報

〈入 賞〉
・入賞は各部門ごとに参加者数に応じて

〈表 彰〉
・2022年3月20日丸亀市アイレックスで開催予定の『ハムフェスティバルinかがわ』会場

★日数マルチ8日でFBな賞品
今年もコンテスト参加者の内「日数マルチ8日以上のログ提出者」には、抽選でFBな賞品が当たります。

★当コンテストに関する一切の権限は、JARL香川県支部コンテスト委員会が有します。
なお、ルール等の問合せ「JA5ARW」支部長まで。

(個人情報の利用について)
JARLは、個人情報を取得した際の利用目的の範囲内でJARLの実施するコンテスト業務遂行(集計・審査・結果発表・賞状発送等)のために
利用します。
posted by おかちゃん at 19:28| Comment(0) | アマチュア無線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月27日

製作技術講習会のご案内

話題のSDR(Software Defined Radio)受信機の完成品として頒布している同機とSDR用フリーソフトをインストールして7MHz帯を受信します。
皆さんSDRにトライしませんか!!
1.日 時 令和3年9月12日(日)10時〜15時
2.場 所 丸亀市綾歌町栗熊西1638
栗熊コミュニティセンタ−(予定)
3.参加費 \3,000円(当日集金)
4.準備物 Windows7以上のパソコンを持参下さい
      (工具は不用)
5.申 込
・往復葉書
   〒761-8085 香川県高松市寺井町205-1
平賀 正明 方 製作講習会係
・E-mail受付
Furoyanobandai(アットマーク)ma.pikara.ne.jp
6.締 切 令和3年8月31日(月)必着
   定員(15名)になりしだい締切りますのでお早めにお申し込みください。
なお教材調達の都合上早めの予約(3月末までに)を希望します。

体験談
この7MHz帯専用SDR−40Aはタバコの箱ほどの大きさで、PCにSDR用のフリーソフトをインストールして電源はPCのUSBから給電し付属のオーディオケーブルをマイクジャックに接続すれば完了です。私の場合は7.034MHz〜7.078MHzが受信できました。
SDR−40Aはダイレクトコンバージョン方式(ゼロIF方式)で一般的なSDRはこの方式でスマホ、Bluetooth、テレビ、DSPラジオ、特定小電力アナログ無線機等に広く使われています。難しいと思っていたSDRですが簡単に動作しました。

PDF版のご案内はこちら
posted by おかちゃん at 08:55| Comment(0) | アマチュア無線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。